トイレの床の隙間からの水漏れのあれこれ

トイレの水漏れでは、急に水漏れがして全く原因が分からないことがあります。放置して、一時的に良くなってもさらにひどくなることもあります。床からの水漏れの場合は大掛かりな工事が必要な場面も多くなります。

■きれいな水の場合の原因

トイレの水漏れがある場合でも、きれいな水の場合はトイレ内の気温差による結露であることがあります。この場合、比較的修理の規模も小規模で済む可能性が高いです。ただし、何が原因なのかつきとめなければ安心できません。例えばタンク内の部品の劣化や破損が原因の場合もあります。この場合は部品の交換をすればすぐに解決することもあります。どの部品か分からない場合はやはり業者に依頼した方が良いでしょう。特にひび割れや破損が原因の場合、小規模の場合であれば補修も可能ですが、ひどくなると全て交換する必要が出てきて、費用がかさむことになります。そのため、大規模な修理が必要になる前に対策をしましょう。

■汚水の場合の原因

きれいな水ではなく、汚水で床が濡れている場合は便器のひび割れが原因です。汚水の場合、破損の程度がひどい場合もあります。また、周囲を汚染するため、早急の修理が必要です。汚水であると、そのまま放置しておくと不衛生ですし、修理のときの清掃が大変です。また、汚水が発生する前に悪臭などの匂いが発生するなど、前兆とみられる傾向がある場合もあります。放置することなく、早い段階で修理をしておくことがおすすめです。




■まとめ
経年劣化により、どうしても水周りは修理が必要になることがあり、故障の前兆として、悪臭や水漏れなどのトラブルが起こります。これを放置することは決して望ましいことではありません。どういった原因であるのかを知ることで、自分で対応できるかどうかも判断できるでしょう。放置すれば、被害がひどくなるので、早い段階で水道 修理をすることがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ