トイレの水漏れを自分で解決する術

トイレの水漏れによって自宅が傷んでしまうことも、水道料金が跳ね上がってしまうこともあります。被害を抑えるためにはいち早くどの箇所かを見つけて原因を知ることが大切です。そして、業者に依頼せずとも自分で対応して解決できない場合もないわけではありません。

■トイレタンクの水漏れの場合

トイレタンクの水漏れはタンク内でトラブルが起こっている可能性が高く、まずすべきことは水道の元栓を閉めることです。そして、タンクのフタを開けてみて浮きゴムや浮き球といったパーツのチェックを行うようにしましょう。はめ直しをし、劣化している場合は新しいものとの交換が必要です。床や壁が濡れている場合は、ナットやパッキンをチェックして緩みがあるのなら締めていき、劣化している場合は買い替えをしましょう。
タンク内のパーツに不備がない場合、給水パイプなど他の場所に亀裂が生じている可能性が考えられます。小さな亀裂の場合は補修材で応急処置が可能です。ただ、パイプが破損している場合は業者に依頼しないと対応が難しいです。補修材での対処はあくまでも応急処置であるため、できるだけ早く業者に依頼して交換した方が良いでしょう。

■温水洗浄便座が原因の場合

温水洗浄便座はシンプルな構造のものもあれば、数多くのパーツで構成されているものもあります。特に注意すべきなのは複雑な構造の温水洗浄便座です。細かい溝に汚れが溜まりやすく、水通りが悪くなることでトイレの水漏れにつながる場合もあります。さらに、ノズルの接続部分のパッキンの劣化の場合もあります。ノズルの掃除をするとともに、パーツの確認をすることも大切です。




■まとめ
トイレの水漏れを自分で解決する術は確かにあります。ちょっとした対応ですべての問題が解決する場合もあるものの、あくまでも応急処置となる場合も少なくありません。不安な場合はやはり業者に依頼して対応をするのが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ