トイレの水漏れにはパターンあり

トイレの水漏れにはパターンあり 生活をしているなかでトイレの水漏れは突然起こるものです。何が原因であるのか分からず、そしてどう対処して良いか分からずにあたふたする方も少なくありません。大切なのはどのパターンであっても慌てることなく適切な対処をすることです。本格的な修理は業者に依頼するにしても、応急処置は自分で行わないといけません。その方法を頭に入れておきましょう。

■パイプや止水栓や接続部に要注意

水の流れを開け閉めする止水栓とパイプのトラブルは要注意です。これはボルトやナットの緩みが原因となって水漏れにつながります。締め直すことですぐに改善できる場合も少なくありません。ただ、パッキンの亀裂や経年劣化が原因である場合は部品交換を必要とします。同じ部品を自分で購入して対応できないことはないものの、間違えてしまうケースもあるため、やはり業者に依頼して対応してもらうのが望ましいです。まだ被害が少ない少量のトイレの水漏れ程度であれば、そのまま使っても問題はありません。しかし、被害の拡大を防ぐことを考えるのなら、止水栓は閉めて水の流れをシャットアウトした方が良いでしょう。
また、給水管を接続する部分からの水漏れにも要注意です。接続部分の劣化や緩みが原因となることが多いです。被害が拡大していない場合はテープを何重かに巻いて応急処置をしましょう。その際、ナットの上下2センチほど巻くことを意識するのがポイントです。即日対応で修理をしてくれる業者も少なくないため、いずれにしてもまずは業者に相談した方が良いでしょう。

■トイレの床が濡れている場合
トイレに入ったときに床が濡れている場合は、給水管の支持金具の緩みを疑った方が良いです。水を止めて給水管を外して再度組み直す必要があります。もちろん、タンクや便器、給水管の破損にも注意が必要です。便器と床の隙間が濡れている場合は、便器を外してガスケットを点検調整する必要があります。便器がグラついて動いてしまうのが隙間のできる理由であり、汚水が床に漏れてしまいます。この場合は個人での対応は難しく、業者に依頼しての対応が必要です。
便器に水が少しずつ流れている場合、タンク内部の器具の劣化が原因であり、専用の部品が必要になります。この場合も同様に業者に依頼しての対応が望ましいです。内部からの水漏れに対処するためには、新しいものとの交換が必要な場合が大半となります。

■トイレトラブルの代表的なパターン

トイレトラブルの代表的なパターンとしては、水がちょろちょろ出るのが止まらなくなる現象です。これはタンク内に接続されている部品の消耗が原因となります。正常な動きをしなくなると、便器に水が流れ続けてしまうため、水道代の負担が大きくなってしまいます。部品交換をして早めに対応するのが望ましいです。トイレの水が溜まらないのも要注意で、これは給水管のなかのサビやゴミが停留して詰まっているからです。この現象を防ぐためにストレーナーが設けられており、定期的に掃除やメンテナンスを行わないといけません。
トイレの水漏れはいつ起こるか分からず、どういったパターンであるのかもそのときどきで異なるものです。そのため、それぞれのパターンに適した対処法を考えないといけません。確実なのは業者に依頼することではあるものの、業者に依頼する前に何が原因であるのかを知るのも大切です。どのパターンであっても慌てることがないようにすることが大切です。

■まとめ
トイレ 水漏れのパターンは多岐にわたっているものの、適切な対処法はそう難しくはありません。最終的には業者に依頼するにしても、まずは自分で最低限の応急処置ができるようになるのが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース